雑記

メモ書き

投稿日:

※自分の考えをまとめるだけのためのメモ

ウアジェトラグ⇒通用しなくなっている:コントロール、速度パテ増えたため?

 

■現環境上位⇒速度パーティ、ギアナコントロール、ラグ入り光闇純五ガチガチ、光姫ローレン

以前は3+メタ2枠ピックが多くみられたのだが、キャラの多様性によりメタピックが厳しくなってきていて見直しが必要。

逆に自分の得意な形を押し付けている人のほうが上に上がっている印象。

■ラグドールファーストピックは対コントロールを想定した場合に残りの4枠でメタを入れないといけなくなる。

コントロールの基本構成は、単体剥がし3種または全体剥がし2種、コントロール2~3種、速度1~2種。

ラグドールを除いた4枠でメタキャラを入れる場合、コントロール対策キャラとしてあげられる、ジュノ・火猿・ラキュニ・(ギアナ含んだ場合)テトラ・アメリアからの選出となる。傾向として、メタキャラ構成をとった場合相手のピックはガニハトからエギル・水猿・ガルドルなどの水ピックに流れやすいため、若干の不利目になりやすいので却下。

-また速度リーダー(プサマテ、セアラ、ヴァネッサ)を組み込みにくいという欠点もあるため、ラグドールピッカーに対しては基本的に速度コントロール系が刺さる。とはいえ、接触系の剥がしはゲージ上げの原因となるので、ラグドールに対しては「ティアナ、ジェミニ、闇仙人」が有効。

非常に強力なキャラではあるが、なにかと組み合わせて強いキャラではないため、構成で勝負することが対ラグドールにおいてのポイント。勿論、ラグドール側もパテール、タラニス、ジュノ、火猿、ラキュニ等は用意しているためそれも織り込み済みでの

■(ヴァネッサ)光姫ローレンハトホルは形として強い。これ自体がメタにもなっているし、1体落とす仕組みもできているし、コントロールとしても成立している。対光姫ローレンハトホルは何度か実験しているけども、W免疫アンタレスは安定した対策にはならないかもしれないが有効ではあった。

脳死でラグドールを置いていた時期もあったが、あまり有効になっていない感じがした。ローレンに対しては焼け石に水な感じがする。アメリア+火アーク+アンタレスなどの構成なら勝てる可能性もあるかもしれない。

■流行りのギアナコントロールの形は、セアラギアナハトホルは固定の形で出てくることが多く、これに関してはテトラをまず作るべきだと思っていて、後はこちらの免疫の数次第で相手がローレンを加えたり、蚩尤を加えたりと変えてくるが、こちらはセアラBANで勝てる勝ち筋を作るのが良い。セアラBANさえしてしまえば爆弾が弱点になり得るが純粋な殴り合いで与えるダメージ量が上回るミホでもいいし、耐久火力キャラを適当にぶっこんで相手を落としてしまえば勝てる

■速度パのバリュエーションが増えてきている。ラキBANしないといけないタイミングが増えた。速度パに速度パで対抗しようとするとミホを刺される。ジェミニからの全体高火力構成も増えた。アシマ+ゼラスなどの形などの派生もできたなど、速度パで続けてきた人の努力を垣間見ています。







記事下

スポンサーリンク

-雑記

Translate »

Copyright© 新規勢のサマナーズウォー+ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.