ワールドアリーナ

水猿、オフィーリアのキャラ評価について

更新日:

水猿・オフィの件で、結局ラグドールガニメデじゃんって言われるけど、その通りだと思う。

でも、言わせてほしいのは赤1まではキャラいなくてもいいけど、赤2・赤3となると皆キャラもってる。

結局のところ、赤2あたりは真のキャラゲーだと思う。テンプレキャラに対するさらなるメタを考えたときに選択肢の幅が広がってる感じがする。その選択肢の幅を広げた結果、色んなキャラに可能性がある。もちろんそれは純4キャラにだってある。

 

で、銀帯。今って銀でもガニハトとか、水パンとか多いんじゃないかな。このランク帯で強いのは何なのか正直わからない。

おそらく体力、攻撃、防御、速度、クリ率、クリダメ、抵抗、的中のうち2つ上がってれば最低限仕事するよ!ってキャラが強いと思う。

 

そして、金帯。銀帯を「ガニハト、水パン」で無双してきた人やルーンがそこそこ強い人が混在してる。

キャラだけじゃなくてピックのバランス、ルーンの強さが求められるからそれだけで勝ち上がってきた人はここで行き詰る。

例えば、ハトホルであれば、体力速度だけじゃなくて防御的中が求められる。防御が低ければペルナで吹き飛ぶし、的中が抵抗100ラキュニなどで対策されるようになる。

自分の中で何がやりたいか?やりたいことをやりきるルーンが大切なランク帯。

 

「ガニハトガニハト」ってよく聞くから強いと思われがちだけど実態はそんなもん。強いと聞いて、真似するけどなかなか勝てない人はピックかステータスにどこか穴があるはず。

 

本題に戻るけど、某ランキングサイトで評価をするとしたら、水猿は4.5、オフィーリアは5をつける。

指摘された通りでラグドール&ガニメデという並びに対して強いテサ&ペルナに強い水猿というのは確かにそのまま真似しづらい。だったら「デバフまたは剥がしスキルを持ち、相手の火アタッカーを誘う、風キャラ」は何か?を考えてみることが大事だと思う。

それでも4.5評価にとどまるのは、1vs2~3の状況から逆転する可能性が少ないから。どうしてもその点ではチャウに劣る。

 

オフィーリアが5の理由。まず、ワリーナ最強クラスのガニメデとオケアノスとの相性が良い。

そして、びーつーさんの動画を見て思ったこと。

水パンダ、ハトホルとの相性も良いから(水パンダ以外にハトホルの同時採用率が動画では高い)

水パンはスキル2の無敵との相性がかなり噛みあうのと、延長系スキルに対してスキル3が妨害役になってくれるから。

次にハトホル。今までのワリーナ考察を読んでくれた人はわかるけど、ガニハトへの対処をどうするかの1つの答えはガロオケアノス(火アタッカー)。火の評価されているキャラは大抵単体性能が高いわけだから、オフィーリアで完封できてしまう。最強の相性補完が完成する。反撃を積むことによりヘレナに対しても強くでられる。

動画を見返してみてほしいんだけど、実際ガロピックに対してハトホルオフィーリア勝ってる場面があるはず。

 

今ワリーナで主流の「ガニメデ、ハトホル、オケアノス、水パンダ、ダイアナ」との相性が良い上に「ダイアナ、風パンダ、チャウ、ガロ、テサリオン、ペルナ」などの単体アタッカーに強い。

だから、こいつは最低でも評価が5はあると思ってる。

 

もう一つの根拠としてはジョセフィーヌ、ジャンヌが上方修正されたタイミングでオフィーリアがスルーされたこと。

運営はテスト済でオフィーリア自体の強さを高く評価している可能性が高いと思う。



記事下

スポンサーリンク

-ワールドアリーナ

Translate »

Copyright© 新規勢のサマナーズウォー+ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.