キャラ考察

水パンダについて(WA目線)

投稿日:

水パンダは暴走の恩恵がでかいキャラです。
スキル2のCTが3ターンと短いのが脅威です。つまり、スキルを使った次の、次の、次のターンにはまた打てるということです。
延長打って氷結してもターン回って暴走されて、次の水パンダのターンで暴走されたら打てるってことです。(氷結時にCT回復しないのは検証済み)
だからコントロールで対処するなら絶対に水パンダに次の延長までにスタンなり氷結させることが大切。つまり何が言いたいかというと行動阻害スキルを2つもっているヴェラードならある程度有利をとれるということです。

WA

水パンダについて、感想が二極化することがあると思うのですが
「水パンダは対策できないキャラじゃない。」
「水パンダおかしい。修正はよ」
どちらの意見も正しく、主軸のパーティーが違うだけだと思います。

水パンダを野放しにするパーティならとんでもない頻度で全体剥がしスタンがくるわけですよ。世界ランカーの人には暴走速度200の方もいるわけですし、そこにガニメデを合わせられたら2体だけで最強のコントロールが完成します。

具体的にいうと青で囲んだ火アーク、雨師のW免疫、+チャウ、猿使ってる方は相性とことん悪いですね。

逆に赤で囲んだコントロール中心のパーティーを使ってる方はやりたいことやる中で水パンダの対処法ができてると思います。

例えば、アメリア暴走で組んでスタン状態からの暴走⇒全体解除の動きにもっていけるようにする。
オケアノスで上とって剥がし延長する(さらにこの対策で保護詰まれてる場合もある)
風属性主軸でミスさせてスタンとらせないようにする。

ルーンではなく手持ちで対処するようなキャラなので、不満を持つ層がいるのは当然なのかなと自分は思います。

水

的中、抵抗入力したら自動で計算してくれるのなんとなくつくってみました。
でも配布の仕方わからないので断念。



記事下

スポンサーリンク

-キャラ考察

Translate »

Copyright© 新規勢のサマナーズウォー+ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.