キャラ考察

【マイナー純5】オフィーリアをガチ考察

更新日:

「オフィーリア サマナ」の画像検索結果英語表記:ophelia

義の一振り 相手を攻撃して15%の確率で1ターンの間スタンさせる。以後、自分は1ターンの間免疫状態になる。自分の最大体力によってダメージが上昇する。[スキル倍率 : 攻撃力130% + 体力18% ]

 
守護の祈り 味方対象にかかった弱化効果を全て除去し、1ターンの間無敵状態にする。(スキル再使用時間5ターン)
 
脅威の雄叫び 味方全員に2ターンの間、自分の体力に比例するシールドを与え、相手が3回攻撃を行う間、脅威状態になる。相手は攻撃スキル使用時、脅威対象のみ選択できる。(スキル再使用時間6ターン) [スキル倍率 : 体力20% ]

■スキル1から見ていきましょう。

スキルマで30%スタン&免疫の体力比例攻撃で反撃でも免疫は付きます。
倍率は神獣僧覚醒後のスキル1よりもやや高く、そこそこの火力がでます。

■スキル2は風パラ、光パラと同じスキルです。スキルマでCT3ターン

無敵状態にした水パンに相思相殺を打たせたり、カタリーナ砲をさせたり、デコイに無敵を付けたりといった使い方になります。

■スキル3は唯一の脅威バフスキル。スキルマでCT3ターン

この脅威バフですが、相手はオフィーリアしか選択できないといえど、全体攻撃スキルは使えます。
なので刺さる相手と場面が限られてきます。

問題は今回修正された光パラディンとどっちが強いのかという話。

ステータス:ジャンヌのほうが若干ステータスが優秀(体力、防御ともに全モンスター中30位付近)
スキル1:
・ジャンヌは回復もできるため、持久戦に強い
・オフィーリアは常に免疫状態になることができる
スキル3:
ジャンヌのほうが全体に2ターンと拘束力が高い
・今回の修正により、ジャンヌは追加ターンを得て、+αで仕事ができるようになった。
・脅威バフは剥がしスキルがなくても機能する。
リーダースキル:抵抗55%リーダーと防御44%リーダー
・ジャンヌはアナベルなどの覚醒抵抗キャラと組み合わせやすい(40%⇒95%)
・オフィーリアはブルドーザーなどの防御比例キャラと組み合わせやすい

似たり寄ったりなスキルとステータスの2体だけれど、属性も踏まえてギルバトで使う場合は相方が全然変わってくるのがサマナーズウォーの面白いところだと思う。

ギルバト攻め
✖チャンドラー
自身に無敵も貼れて、シールドと免疫もつけられることから、相性は悪くない。
チャンドラーに盾割りがついてしまた場合でも脅威バフをつけることで事故を防止できる
ジャンヌも同様だが、ジャンヌと違って抵抗されて解除のパターンがないことが有利な点

✖フランケン

オフィーリアは防御バフスキルを持たないので、残り1枠にミハエルとかバサルトとかが選択肢になる。参考動画もあり。

ギルバト防衛
✖水イフ

オフィーリアの使い道って結局なんなん?といった場合に
「真っ先に落としたいやつを落とさせないよう能力が高いのでそれを活かしたい」
のが自分の回答。
ギルバトで真っ先に落としたいやつといえば水イフ。
『オフィーリア/水イフ/銀屏』の形はなかなかいやらしいと思う。

ワールドアリーナ
刺さる相手は、主に『風パンダ』
剥がしながら何かしてくる相手には弱いと思います。

普通に使うならジャンヌ使えよって話になるので、バフという点で差別化するために迅速型が現理想の型かと思います。

✖ダイアナ

脅威バフでオフィーリアに攻撃してきたらゲージ上昇、全体攻撃してきてもゲージ上昇。
でうまい具合に相性補完できていると思います。
お互いにシールドをかけあえるのでそれを上手く活用したパーティーも面白そうじゃないですかね

✖水パン、ペルナ

落としたいやつを落とさせないようにする役割として、ペルナと組み合わせる。
水パンと組み合わせてシールド、無敵でスキル3を補助する。

ペルナ、オフィーリア、ガニメデ
水パン、オフィーリア、ガニメデ

は悪くないと思いました。参考動画あり。

 

今回はスルーされてしまったけど、現段階だとこんな感じかなー







記事下

スポンサーリンク

-キャラ考察

Translate »

Copyright© 新規勢のサマナーズウォー+ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.