雑記

プレイ歴1年になりました

更新日:

ようやくプレイ歴1年になりました。

去年のディアスヒーローダンジョンの時、紹介されてはじめたので、本当に始めたタイミングがよかったなと思います。

星6 102体育成
アリーナ施設 5割完了
アリーナ最高金3
ギルバト旗 lv6
塔ノーマルフルオートクリア
塔ハード9割オートクリア
巨人最速29秒 純五なし平均30秒台、事故率1%
ドラゴン最速45秒 純五なし50秒~1分、事故率3%
シダン最速44秒 純五なし50秒~1分10秒、事故率3%
5属性異界 純五なしSSS達成
レイド5階 1分半~2分半
ワリーナ最高金2 現在金3

自分の経験を通して、
「ひたすら巨人を周っていれば最短で強くなれるとは限らない」
「異界ダンジョンの敷居は高いが、キャラが少なくともクリアできる」
だということを伝えたいです。全部自分の失敗からきています。

まず大まかに各ダンジョンで手に入るルーンを見てみましょう。
巨人:元気 刃 猛攻 迅速 絶望
ドラゴン:守護 忍耐 集中 暴走 反撃 保護
死ダン:破壊 意志 果報 激怒 吸血
異界:闘志 決意 高揚 命中 根性

ダンジョン攻略という観点に絞った場合、3ダンジョンで比較すると
巨人ダンジョン:刃猛攻迅速のステータスルーン
ドラゴンダンジョン:死ダン用の暴走反撃保護
死のダンジョン:異界レイド用の吸血ルーン

ドラゴン、死ダンより巨人ダンジョンの方がよりダメージレースに特化したルーンが集められます。
結果的に、巨人高速化したければ巨人、ドラゴン高速化したければ巨人、これは正しいといえます。
アリーナやギルバト、ワールドアリーナにおいても迅速ルーン・絶望ルーンの質もかなり大事なので、始めから一貫して巨人周回することで全コンテンツに通用する力はついてきます。

その恩恵を捨ててまで、異界によりみちする価値があるのか、という話です。
結論からいうとあります。

『異界ルーンの有用性について』

ルーンの元のレアリティについて
表の中に期待値という言葉がありますね。
攻撃% 防御% 体力%⇒6.5% 的中 抵抗⇒6%
すなわち、星6ルーンのサブオプ1ハネ分の平均です。

異界ルーンの上昇値は各8%です。
(闘志:攻撃8% 決意:防御8% 高揚:体力8% 命中:的中8% 根性:抵抗8%)

例えば、巨人などの5体採用できるダンジョンにおいて闘志を5セット用意したとします。
パーティーの攻撃が40%上昇します。40/6=6.66...、期待値よりも大きい数値です
各キャラクターにつけているルーンの質が全部レア⇒ヒーローになるということです

レイド・異界などの6体採用できるダンジョンではどうでしょうか。
例えば、リサ・ディアス・ベラデオンを全て異界ルーンにしてカリンにも1セット刺して合計10セットつけたら、オールレアルーンのキャラクターでもオールレジェンド並になるということです。

そうすれば、前衛も死ににくくなるし、シャオウィンファーの火力もでるからタイムも短くなります。
カリンのオール反撃論争を目にしますが、それよりも自分はディアス・火パンダなどの素の耐久ステータスの高いキャラを採用するならば、異界ルーン3セットずつつけることを薦めます。

そして、ジャミールなしカタリーナが考察されている今、闘志ルーン集めは最重要ともいえます。
故に、巨人ダンジョンからよりみちして中盤~終盤前まで異界ダンジョン周ることは決して無駄にはならないと自分は思っています。

『ダンジョンに手をだせなかった理由』

自分が異界攻略をしてからレイドに挑まなかったのかというと、キャラゲー・ルーンゲーの二つの側面があります。
youtubeを見ても「異界ダンジョンはキャラゲー」という酷い結論の異界動画があふれていて参考にならなかったり、実際に持っているキャラで回っている動画を見て真似してもクリアできなかったり、そこで諦めてしまった経緯があります。

今までの記事を踏まえて、そんなことないことを知ってほしいなと思っています。
少なくとも、読んだ方が最低でもAをとれるようなアドバイスにはなっていると思うので、そこから各々の手持ちに合わせてよりもっと高いスコアをとるために、できることからやっていくのが大事です。
巨人10階に挑戦するときに巨人5階⇒巨人7階とステップアップしていたのと同じです。

できることが増えるとそこからやりたいことも広がっていきます。
きっと、そこで行き詰ると楽しくないでしょうから、
これからも読まれた方にとってモチベが上がるようなブログになるように頑張りたいと思います!!







記事下

スポンサーリンク

-雑記

Translate »

Copyright© 新規勢のサマナーズウォー+ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.