ドラゴン

ドラゴンダンジョン高速化の3要素

更新日:

ドラゴンダンジョンの記事を書くのはしんどい。
そもそも暴走を集めるためにドラゴンダンジョンを回ってるのに
優良な暴走ルーンをつけるのはどうなんだろうって自己矛盾感がある

10月時点で自分のパーティーで1分安定の記事ができなかった自分が
今1分安定で回れてるのも、水イフの存在がでかい。
水イフなら強い暴走ルーンをつけるに値するキャラだと思うからある程度納得はできる。

ちなみに自分のガレオンは、
1番レジェンド暴走2番ヒーロー刃3番レア暴走4番レジェンド刃5番レア暴走6番レア暴走的中
で構成されてて、そこまで敷居が高いわけではないと思う。4番刃も前はレア保護体力だったし。

ドラゴンダンジョン高速化を目指すなら意識することは結局三つだけだと思ったので
それを前回の記事の補足としようと思う

その前に前提として、
・ヴェルデハイルのクリ率は絶対に妥協しない。99%でもダメ
・ガレオンの的中も妥協しない。85%以上を目指す
の最低限の努力は必要

①火力
まず火力は必須で、1分安定させるためには
免疫を付けられる前に倒すか、免疫をつけられてから攻撃される前に倒すかの二択しかない。
どちらにしても免疫を付けられる前ギリギリに体力を0~2割に持っていきたい。
ヴェルデガレオンも火力に寄せる必要があるし、場合によっては闘志をつけてもいいと思う。

②保険
保険といっても色々でドラゴンダンジョンは常にいろんな可能性がつきまとっているからリスクを承知で対策を練るしかない

・防御デバフ抵抗という可能性がある以上、免疫前に削りきれることは100%ではない。
⇒ヤクー、カーリーは免疫された上で防御無視して削ることができる。
・道中でクリスタル盾割り⇒追撃で倒される可能性も0ではない
⇒保護を積む
⇒盾割りされる前に1体以上倒せるようにする(追撃させない)※速度必要
・ボス戦にて、ガレオンが初手で盾割りをさぼる。
⇒暴走にする
⇒ガレオンの次にコナミヤのリモーションを入れる

③CT
キャラの速度とか火力をちょっと変えただけで事故率が急に増えたとか経験したことがあると思う。別に行動順が変わったわけではないのにそういうことが頻繁にある。
これは上の二つでは説明がつかない。

速度が変わったことによって行動回数が変わった、
火力が上がったことによって道中クリスタルへの攻撃回数が減り、
ボス戦までにCTが回復しきらなかった。
これではないかと思う。

ヴェルデハイルもタークも味方の行動順を増やすことでCTを短くすることに貢献しているから高速化パーティーに採用されている。
高速化を安定させるためには、殲滅や集団ハントなどのCT4のスキルを確実に使っていきたいので、
ヴェルデのゲージ上げを含めて3回行動できると確実に安定する。
タークはスキル2で速度バフを自身でつけられるため速度+70くらいあれば十分。

ステラなどスキルレベルが上がっていないうちは、カーリー・ヤクーのほうが無難だと思う。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昔ヴェルデハイルの速度を最遅にして170ぐらいにするといいといったことがあるけれど、自分のヴェルデハイルの速度は+41である。
ただし、火力に寄せていて攻撃+1900、クリ率100、クリダメ100%くらいでスキルレベルも最大限上げている。

なぜ速度を捨ててまで火力寄せしているのかというと、単純な話で自分の場合
ヴェルデハイルの速度が140だろうが170だろうが味方の行動回数も変わらないというのとヤクーなどを火力特化にするために速度を妥協せざるを得なかったから。
①火力と③CTがまさに理由です。

実際これでいけているので、これでも問題なかったわけですね。。







記事下

スポンサーリンク

-ドラゴン
-

Translate »

Copyright© 新規勢のサマナーズウォー+ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.